転職 面接 聞かれること

転職活動の面接時に聞かれること

転職,面接,聞かれること

転職活動の面接の際に、面接官の方から聞かれることというのは色々あります。 よくあるものが、どうして募集をしたかという、いわゆる志望動機で、その行動につながるものである、前の仕事を辞職して、転職の道を選んだ理由です。 他にあるのが、何か得意なことがあるかです。長所、という言葉を使って話しかけられることもあります。 履歴書に、持っている資格や免許をいくつか記入しておくことで、どういった技術を持っているかは伝わりますが、人の良さと言うのは、免許や資格といったもの以外から得ることもできます。 ですから、得意なものを挙げて、まだ資格などはとっていないが、とれるぐらいのスキルであるなら、それを伝えることで自分の能力をアピールできます。 持っていないものは書けない。しかし、書けないことであれば話せば良いのです。 スキルは高くないが、取得を目指して勉強中であるというアピール方法もあります。 学校に通っていたり、講座を受講していたり、本を読んで独学していたり、努力の形と言うのは人それぞれです。 やる気のある人かどうかを見たい場合は「今何か取り組んでいることはありますか」「目標は何ですか」「努力して行っていることは何ですか」そういったことを尋ねるものです。 そして、目標に向かって前進している自分をアピールできれば、魅力的な人として映るものです。 421

転職活動の面接で「心配性」と言う短所を説明

転職,面接,聞かれること

転職活動の際に、履歴書に記入したり、面接の際に説明をすることの一つに長所があります。 その逆で、短所もありますが、これを説明するということは、言わば自分のマイナスポイントを説明するわけで、損をするようなイメージが湧くかもしれませんが、世の中には完璧な人間などそういるものではありません。まずは自分の弱点、苦手な部分などを認めることが大切です。そういった点に気付いていなかったり、気付こうとしない場合、それが原因で何かミスを起こしてしまうかもしれません。 例えば「心配性である」というものがありますが、これがなおらないままでは、自分も苦労しますし、周りにも迷惑をかけることがあるかもしれません。ですから、自分で認識しており、なるべくそうならないよう、何かをする時にはよく見直すようにしたり、事前に下調べをしたり、よくメモを取るようにするなど、弱点をカバーするような工夫をしていることを説明します。「頑張ってなおします」と力強く宣言したとしても説得力はありません。具体的な解決策を考えることが、自分としっかり向き合っているというアピールにつがなります。 また心配性であることで、何事にも慎重さを持って取り組むようにしているなど、慎重さ、丁寧さがあるといった、長所の方へ話を進めて行くこともできます。長所と短所はよく訊かれることですので、転職活動において意識しておく必須項目です。 422

更新履歴